ワキガは対策は薄着の季節には必須です!

薄着になる季節になると気になるのがワキのニオイ。異性の前でもビジネスの場でも気になりますよね。もともと汗には臭いはないと言われています。では、なぜワキの下が臭くなってしまうのでしょう?ワキガの原因や対策法にはどういったものがあるのでしょうか?
スポンサードリンク

ワキガとは

ワキガとは、ワキの下にあるアポクリン腺という汗の出る腺から分泌した汗の一種が、細菌などに汚染されて臭いを放つ症状の事です。
日本人は欧米人に比べてワキガになる人は少ないのですが、ここ数年の食生活の欧米化、つまり、肉食中心で高カロリーで高脂肪食になり、ワキガになる人が増えていると言われています。

ワキガの原因・ワキガの発生とは

ワキの下にあるアポクリン腺から出る汗は、元来はそれほど臭いのあるものではありません。しかし、アポクリン腺から出る汗は、タンパク質や脂質、鉄分、糖分などが含まれており、皮脂腺から分泌された脂分と混ざり合い、そして皮膚の表面の雑菌により分解され、低脂肪酸やアンモニアなどに変化をしてワキガの臭いになってしまいます。

ワキガ対策

ワキの下だけでなく、体全体を清潔に保つことはもちろんのこと、食生活にも気を使いましょう。
脂分を多くを含むものや唐揚げ、コンビニ弁当、チーズやバターなどはは汗腺に強い刺激を与え活発化してしまうのでなるべく避けるようにしましょう。
また、現在市販されているワキガ対策グッズとしては、デオドラントスプレーなどの一時的に汗を押し込めるものや、塗るだけで汗や臭いを軽減する薬用クリームなどもあります。
スポンサードリンク
ページトップへ