ストーカー被害に合う前に、ストーカー対策!

女性の大敵ストーカー。自宅や勤務先に待ち伏せされたり、行動を監視していることを告げてきたり、交際を執拗に求めてきたり、無言電話・しつこい電話、罵声を浴びせてきたり、不快感のあるものを送ってきたりなど、これらは立派なストーカーという犯罪です。あなたがストーカーの被害に合う前に、ストーカー撃退に向けて対策を練ることが大切です。それでは、ストーカー対処法とは?
スポンサードリンク

ストーカー規制法とは

ストーカー規制法とは、「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」として平成12年5月18日に成立し、同年11月24日から施行された法律です。
ストーカー規制法の対象になる行為は、「つきまとい等」「ストーカー行為」の2つになります。ストーカー規制法での「つきまとい等」とは、以下8つの行為を指します。
(1)つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
(2)監視していると告げる行為
(3)面会・交際の要求
(4)乱暴な言動
(5)無言電話、連続した電話、ファクシミリ
(6)汚物などの送付
(7)名誉を傷つける
(8)性的しゅう恥心の侵害
そして、「ストーカー行為」とは、上記の8つの「つきまとい等」行為を繰り返し行うことを言い、罰則が設けられています。
ストーカー規制法とは、あなたをストーカー行為の被害から守るため法律であり、ストーカー行為等を処罰するなど必要な規制と、被害者に対する援助等を定めてあります。

ストーカー撃退のための一番の対処法はストーカーについて相談することです。

ストーカーで身の危険を感じたら、まずは最寄りの警察署に相談して下さい。独りで悩んでいても何も解決しませんし、ストーカーをする相手が調子に乗るだけです。
ただし、ニュースなどでは、警察の対応が十分でなく、なんらかの事件につながってしまうストーカー行為もあります。もし、警察の対応が十分だと感じられる不安に感じたら、調査会社に相談してみるものひとつの手です。
桶川女子大生殺人事件のような事件に展開する前に、まずは警察や専門家に相談することをおすすめします。

ストーカー撃退・対処法のためのストーカー対策グッズ!

ストーカー対策のためのストーカー撃退グッズには様々なものがあります。窓に貼る「警報装置作動中」と書かれているセキュリティーステッカーでストーカーに警告。
人間の耳に一番聞こえやすい3200Hz付近の音が出る「緊急用の笛」でストーカー対策。
留守中にもしストーカーに侵入されても、人の動きを感知して自動で映像を録画する「自動録画キャプチャーカメラ」でストーカー対処。
ホルダーを引くと大音量で警報が鳴る「キーチェーンアラーム」などなど、あなたにあったストーカー対策・撃退用品を選んでみて下さい。
スポンサードリンク
ページトップへ