クエン酸とは

クエン酸は柑橘類などに多く含まれている有機酸の一種で、レモンや梅干し、黒酢などの酸っぱさ成分として知られています。クエン酸入りドリンクは、フィットネスなどでも飲んでいる人が多いですね。そんなクエン酸にどんな効果があるのでしょう?
スポンサードリンク

クエン酸の摂取には酸っぱいモノ

クエン酸は食物のデンプン(サツマイモ)を原料とし、これを発酵させて作る自然健康食品です。日本も老人の比率がどんどん増え、現在の健康保険制度がずっと続く保証はありませんので、日頃の健康管理に気を付け病気にならない体質にすることが大切です。昔から酸っぱい物は体によいといわれています。梅やレモンにクエン酸が大量に含まれています。

クエン酸で疲労緩和!

クエン酸が不足すると、疲労物質の乳酸が体内にたまり、疲労感を感じる原因になります。そうした時にクエン酸を摂取すると乳酸がエネルギー源として再利用され、疲労感が緩和されます。
また、二日酔いを削減する効果もありますので、お酒を飲む前、飲みながらクエン酸入りドリンクを補給すると二日酔い対策になりますよ。

クエン酸で脂肪燃焼!

フィットネスジムで、黄色いドリンクを飲んでいる人を見かけたことがあると思います。あれは、クエン酸のパウダーを水に溶かしたドリンクの場合がほとんどです。クエン酸には、脂肪燃焼効果があるので、クエン酸入りドリンクを飲みながら、筋トレや有酸素運動などをすると、より脂肪が燃焼します。
また、トレーニングの疲れが残りにくくなるので、クエン酸入りドリンクは人気です!クエン酸はダイエットにも効果的です!
スポンサードリンク
ページトップへ