辛子明太子とは

辛子明太子は、スケソウダラ(タラ目・タラ科に分類される魚の一種)の卵巣を唐辛子等を使った調味液で味付けした食材です。九州の博多の名産として知られ、ご飯と一緒でも、パスタにしてもおいしく食べられる食材ですね。
スポンサードリンク

辛子明太子の歴史

辛子明太子は九州・博多の名物として有名ですが、実は山口県の下関が辛子明太子の発祥の地なのです。
もともと、朝鮮半島で食べられていた辛子明太子ですが、昭和初期に朝鮮との貿易で窓口であった下関に伝えられたと言われています。
その後、日本人の味覚に合うように工夫して現在の辛子明太子に至ったわけです。

博多の名物!辛子明太子

辛子明太子は、福岡県の博多の名物です。現地のお土産としてはお決まりの品のひとつですね。博多も下関同様に、朝鮮半島との交流が盛んな地域でした。
戦後、博多に引き上げてきた朝鮮人が日本でも辛子明太子を食べたいという想いで、昭和24年頃から独自に明太子造りをはじめ、それをお土産として売り出したのが博多名物・辛子明太子のはじまりだと言われています。

辛子明太子のおいしい食べ方

辛子明太子は、ご飯と一緒にお総菜として食べても充分にいけますが、辛子明太子パスタにしたり、辛子明太子おにぎりにしたり、マヨネーズと和えて「めんたいマヨネーズ」としたりなど、いろいろな形式で食べることができる食材です。
また、お酒のつまみとしても辛子明太子は好まれています。
スポンサードリンク
ページトップへ