寒天とは

寒天は海草の一種である紅藻類(オゴノリ・テングサ)を煮詰めて作られており、食物繊維が豊富でローカロリーなので、ダイエット食品にピッタリの食材です。では、寒天ダイエットの効果はどの程度のものなのでしょうか?
スポンサードリンク

寒天ダイエットの効果

ローカロリーでもお腹は大満足!
寒天に含まれている水溶性食物繊維はほぼノンカロリーです。水分と混ざってゲル状となって大きくふくらむ性質がありますので、満腹感が得られます。食事前に摂ったり、食事に混ぜて摂ると自然と食事量が減ります。

余計なカロリーは排出!
ゲル状の食物繊維が小腸のぜん動運動を活発にし、糖分の体内への吸収をゆるやかにします。

どっさり排便!
寒天に含まれるもうひとつの繊維である不溶性食物繊維が、腸内の善玉菌を増やしてお腹の中を大掃除。排便作用を促します。

寒天ダイエットのための寒天を使った調理例(レシピ)

(1)コーヒーやお茶にティースプーン1杯入れるとおいしく食物繊維も一緒に飲むことができます。
(2)お米1合に2gの粉寒天を入れて炊くとツヤのある美味しいご飯に滝あります。
(3)カレーやシチュー、グラタンに粉寒天を入れると、まろやかに仕上がり、さらに食物繊維も取れます。

食物繊維が豊富な寒天

寒天は、食物繊維が豊富で便秘等、お通じにも期待できます!また、血圧降下・コレステロール降下・血糖値を下げると言われておりますので、ダイエットはもちろん、肥満予防にもおすすめです!
食物繊維は、1日に20g〜25g必要と言われていますが、現代人の食生活では、「1日5g〜6g」不足していると言われていますので、寒天で効率よく取得しながらダイエットしましょう。

寒天は健康にもいい!?

近年では、この寒天がダイエット食品としてだけではなく、生活習慣病の予防にも効果が見られることがわかってきました。寒天に含まれる食物繊維には大量の水を保持し続ける特徴があります。
人の消化液で分解されないのが食物繊維ですが、寒天はさらに大量の水を保持したまま腸へとやってくるため、腸内で大幅な体積を占める特異的な存在の食べ物です。
その結果、糖やコレステロールの吸収が阻害され、血糖値の上昇が緩やかになったり、余分なコレステロールを体外に排出してくれます。この寒天の性質が高血糖、高コレステロール、高血圧、肥満の対策にもつながるということです。
スポンサードリンク
ページトップへ