高齢化時代の介護用品

世界的にも例をみないほどの高齢化社会介に突入している日本では、介護用品は必須アイテムです。高齢者の世話は大変ですので、少しでも負担が減るように状況に合わせて介護用品を使っていきたいですね。介護用品は販売だけでなく、レンタルもあります。
スポンサードリンク

まずは、歩行や移動の介護用品「杖」

自分に合った杖の選び方として、一番重要なのは杖の長さです。腰の位置くらいの長さを目安にして選びましょう。素材、丈夫さ、デザインなど、実際に杖を持って歩く高齢者の好みを取り入れて、気に入って使ってもらえるような杖を高齢者に提供したいですね。
もし、杖を持っても倒れてしまう危険がある場合は、より安定している四点杖の方がいいかもしれません。
また、携帯用折りたたみ杖や傘としての役割も持つ杖があります。

排泄ケアための介護用品「おむつ」

高齢者にとって、排泄のケアは最も重要な問題ですね。「おむつ」一つとっても布おむつと紙おむつがあります。経済的な面から紙おむつを使用する人もいますし、併用する人もいます。
また、紙おむつは合わない人だと肌がかぶれてしまう恐れもありますので、そうした場合は布おむつをお試し下さい。

転びやすい入浴時の介護用品

入浴は転びやすいという危険がありますが、体を清潔に保てますし、血行を良くする効果もあります。現在では高齢者が安全に入浴できるように多くの介護用品が販売されています。
洗い場と浴槽の底に敷く「滑り止めマット」、浴槽に入ったり出たりする時につかまることができる「浴槽手すり」、座ってシャワーが浴びられる「シャワーチェア」などありますので、必要に応じてそろえておきたいですね。
スポンサードリンク
ページトップへ

ANAマイル(マイレージ)とTポイントを交換する お得なTポイントが貯まる使えるTSUTAYA Tカードプラス

薬剤師になるには