カビ取りで、すっきりきれいな生活を!

お風呂やキッチンのカビは、気分的にも嫌なだけでなく、アレルギー症や感染症などを引き起こし、健康にとっても、よくありません。カビの発生を抑える基本は、換気です。しっかりと換気をし、清潔で健康な生活を手に入れましょう。では、カビ対策とは?
スポンサードリンク

そもそも、カビって何?

カビはバクテリアやウィルスと同じく、微生物の一種で「真菌」と呼ばれています。カビ以外にも、酵母やキノコも「真菌」です。
カビの歴史はとても長く、推定で35臆年も前から地球上に存在していると言われています。カビの生命力の強さが伺えますね。
以外かも知れませんが、カビはミソや酒、醤油、チーズなどの製造過程で利用されたりもしているんです。
しかし、我々の生活において、カビの発生は、不潔さや食品の変質、食中毒、健康への悪影響と良いことはありません。カビには役に立つカビと害になるカビがあるんですね。

カビが発生する原因・環境とは

カビが発生する環境とは、じめじめとした湿気(湿度70%以上)、ホコリや人間のアカなどの汚れ、気温が25〜30度といった条件が整った環境です。また、加湿器の使いすぎると湿度が上がり、カビが発生しやくなってしまいます。
家の中でカビが発生しやすい場所は、お風呂やキッチンなどの水周り、エアコンの内部、押し入れ、家具の裏、絨毯やカーペットなどです。こういった場所は、水気をとり、しっかりと換気をするようにしましょう。

お風呂のカビ取り、カビ対策

お風呂はカビにとっては、繁殖の絶好の場所になります。まず、お風呂でカビを発生させないためには、換気をしっかりしましょう。お風呂から出たら、浴槽のフタをしっかりと閉め湿度が上がるのを避け、窓とドアを開けて空気の入れ換えをしっかりとしましょう。
また、お風呂上がりに浴室を乾いたタオルで拭くことでカビの発生を抑えることができます。
スポンサードリンク
ページトップへ