地震対策は事前の準備が大切です!

日本列島の地下には4つのプレートと無数の活断層があり、いつどこで地震が発生しても不思議ではありません。地震発生時に自分自身の体や家族を守るためにも、事前に基礎知識を学び地震に備えておきましょう。大地震後に被害を最小限にするには、事前の準備が大切です。
スポンサードリンク

地震対策グッズを買うなら
その道のプロが選んだ商品を買うのがコツです!

プロが選んだ地震対策グッズ
プロが選んだ地震対策グッズ

防犯&防災グッズのオンラインショップ「TSSP.JP」は、トータルセキュリティSP(株)が運営する防犯、防災グッズのネットショップです。

防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、防犯カメラ、非常食、保存水、簡易トイレ、避難セットなどあらゆる犯罪、災害に備えられるグッズを販売しています。

TSSP.JP」で販売されている商品はすべて防犯のプロの目で選んだ信頼できる地震対策グッズです。

放射能線対策は万全ですか?

浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去
浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去すると言われています »

浄水器「ソリューブ」は一度設置してしまえば、その日から家中の水が飲み水に変わると言われるくらい浄水機能が優れています。

今ご不安の方も多い放射性ヨウ素などの有害物質についても、「ソリューヴ」のフィルターに配合されている粉末活性炭が吸着除去すると言われています。

東京都における会見においても、放射性ヨウ素については粉末活性炭で除去できるとの見解があり、浄水場における今後の対策としても、粉末活性炭を増量して放射性ヨウ素を吸着できる能力を高めるというものでした。

何より料理にも安心して水が使えます。

高性能浄水整水装置ソリューヴ »

一家に一台!緊急地震速報機

アイリスプラザ 備えて安心!防災グッズ特集
アイリスプラザ 備えて安心!防災グッズ特集

アイリスプラザのネットショップでも防災グッズ特集ページが開設されました。

アイリスプラザならではの気の効いた地震対策グッズが揃っています。

家庭でできる地震対策 テレビは固定する

阪神大震災では、テレビが家の中を転がりだした家もあったそうです。テレビは重たく固いので、下敷きにならないように注意が必要です。
テレビの下には振動吸収マットや吸着パッド付きのベルトでしっかり固定し、キャスター付きのテレビ台は、必ずストッパーをかけておきましょう。
また、テレビは水に濡れるとショートし感電の恐れがあるので、テレビの上には金魚鉢や水の入った花瓶などは絶対に置かないでおきましょう。

家庭でできる地震対策 飲み水の確保

人間はたとえ食べ物がなくても、水さえあれば数週間生きられると言われています。飲み水と調理用に使う水は、1人1日3リットルくらい必要です。家族の人数分、最低でも3日分は事前に用意しておきたいものです。現在では、5年間保存できる保存水も販売されていますので、保存水を購入しておくのもいいかもしれません。
また、給水車が来た時のために、ポリタンクなどを用意しておきましょう。
地震後は、飲み水だけでなく、トイレなどの生活水も必要になります。風呂の残り湯は常時貯めておくことも必要です。

家庭でできる地震対策 ラジオと懐中電灯は必需品

大地震が起こると、パニック状態になり、デマな情報やうわさ話がいきかいがちになります。正しい情報を得られるために、ラジオを必ず用意しておきましょう。現在では、電池で動くラジオの他、手回しラジオなども市販されています。
また、電気が止まってしまうと、暗闇の中での移動になってしまうので、懐中電灯も必需品です。ローソクなども用意しておきたいですね。
スポンサードリンク
ページトップへ