ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は優れた保湿効果を持ち、乾燥からお肌を守り、キメの整ったお肌を維持し、回復させます。また、1日120mgのヒアルロン酸を摂取し続けると、波田の水分量が高まり、シワの数が減少する効果が確認されています。
スポンサードリンク

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は人間の体内に含まれている成分で、コラーゲンとエラスチンの隙間を埋めながら肌の潤過性、柔軟性、弾力性を保持する作用があります。
ヒアルロン酸の保水力は非常に高く、1gで6リットルもの水分を保つ力が備わっています。そのため、細胞外液の水分調整や間接の潤滑剤、血液中の水分量を増やすなどの働きがあります。また、肌の弾力性を維持できるとも言われています。
ヒアルロン酸は、加齢とともに生成力が衰え、総量が減少していきます。その結果しわやたるみができるのです。つまり、ヒアルロン酸を注入することで、しわやたるみを改善できるというわけです。

乾燥肌に効く、ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は皮膚の正常化、お肌のキメを細かくしたり、アトピーの改善に関係したりする栄養素です。また、子どもの肌がなぜ、みずみずしい肌なのかというと、子供は体重比に占める水分の割合が多くヒアルロン酸の分泌が多いことに関係しています。
若いうちは、シャワーの水をはじくと言いますが、これは、皮下においてヒアルロン酸と水分が十分に分泌されて乳液状になり、角質層と角質層の間を満たすからです。
スポンサードリンク
ページトップへ