包茎を治療して明るい生活を!

男性にとっては、夜も眠れない悩みであろう包茎。包茎を治療しないと、本来持っているはずの自信も出てこないでしょう。包茎には仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の三種類あります。また、包茎は衛生面でも良くありません。包茎を放っておくとどうなってしまうのでしょう?

オススメ!


悩める男性のためのABCクリニック美容外科 »
包茎治療、男性器の改造、ED治療をはじめとするその他下半身の治療
ワキガ・多汗症等の治療など安価、安心 、安全で全国のみなさまに選ばれている
男性のための美容外科です。
  • 【安価】明確でお得な資料費用
  • 【安心】豊富な事例と頼れる医師
  • 【安全】高度な技術と最新の手術環境

悩める男性のためのABCクリニック美容外科 »


↑ネットで簡単にオンライン予約できます!

包茎の種類 真性包茎とは

真性包茎とは、ペニスが勃起している時も通常の時も、皮が全くむけない状態の包茎です。ペニスの亀頭が皮に覆われているため、亀頭の成長も妨げ、先が細いペニスになりがちです。
また、セックスも正常に行うことは難しいでしょう。衛生面でも良くないので、早急に包茎治療が必要だと思われます。

包茎の種類 仮性包茎とは

仮性包茎とは、日本人に一番多いと言われている包茎のタイプです。通常は皮が亀頭に被っていますが、手で皮をむくと、亀頭を露出できる状態の包茎です。
また、勃起時には、亀頭が自然と露出する人もいれば、先っちょしか露出しない余った皮の多い人もいます。なるべく、普段から手で皮をむく習慣をつけましょう。

包茎の種類 カントン包茎とは

カントン包茎とは、皮の入り口が狭く、皮をむくことはできますが、むいてしまうと亀頭の下を締め付けてしまう状態の包茎です。カントン包茎も、ペニスにとっては正常の状態ではなく、衛生面でもよくないので、治療することをオススメします。

包茎をそのまま放っておくと・・・

包茎をそのまま放っておくと、衛生面でかなり不潔な状態になってしまい、炎症をおこし亀頭包皮炎を起こす原因になります。
通常、人間の皮膚には無数の害のない細菌が繁殖していますが、それは、外部からの身体に害を及ぼす細菌が感染するのを防ぐためです。
しかし、包茎だと、亀頭と皮の間に害が必要以上に繁殖してしまいます。それが、かゆみの原因だったり、炎症や性病の原因になるので、しっかりと治療することが必要です。
病院に相談するのも良いですし、包茎治療グッズを試してみるのも良いでしょう。

ページトップへ