世の中には多くの健康法やダイエット法などが出回っています。

しかし、ある成分が体の一部に良くても、体全体に良いとは限りません。

では、何が本当に健康によいのか?

ベストセラー「病気にならない生き方」の著者である新谷弘実さんは、臨床データから発見した健康の鍵は「酵素」だと言います。

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

酵素とはタンパク質の一種で、体内の酵素の量と活性度がその人の健康状態に大きく影響しているということです。

しかし、酵素は年齢とともに減少してしまいます。

酵素を増やすには体内で生成するか、食物から摂取するしかないため良い食事をすることが大切です。

酵素を豊富に含む食事には、新鮮な野菜や果物、味噌や納豆などの植物性発酵食品などがあります。

また、酵素は熱に弱く、加熱すればするほど食品の酵素は失われてしまいます。

だから、野菜や果物は生で、発酵食品も非加熱性のものを食べることが理想的な食べ方です。

しかし、ここに1つだけ盲点があります。

それは、近年では、農薬や化学肥料によって野菜の栄養価は大幅に減少しており、食事だけで酵素を補うことが困難になっているのです。

そこで、不足しがちな酵素を補うのに最良なのが、サプリメントです。

食事では十分に摂れない酵素をサプリメントで効率的に摂るということです。

こうすれば、食べ過ぎによる肥満も防止できます。

酵素が摂れるサプリメントでオススメなのが、新谷弘実さんが監修した酵素サプリメント「エンザイムベーシック」です。