美肌にコラーゲン

コラーゲンは、体内にもっとも多く含まれるたんぱく質で、皮膚や骨の形成を助ける重要な成分です。しかし、残念ながらこのコラーゲンは、歳とともに減っていきます。すると老化現象がはじまり、しみやしわができたり、関節が痛んだりするのです。それでは、更なるコラーゲンの効果を探ってみましょう。飲むコラーゲンから食品、化粧品まで!
スポンサードリンク

美肌にコラーゲン

美容や健康に人気の成分コラーゲン。人間の身体のタンパク質の3分の1を占めているコラーゲンは、全身の様々な組織に存在し、身体中のしなやかさやハリを保つ重要な役割を担っています。
しかし、加齢と共にからだの健康なコラーゲンの割合は減りはじめ、25歳を100とすると60歳では約30%まで減少してしまいます。
コラーゲンを補うために、1日の摂取量5000mg以上をとろうとすると、その量は煮こごりでどんぶり一杯分に相当します。
つまり、日常生活で食べる食事で1日に必要とされるコラーゲンを摂取するとなると、たくさん食べないといけないということです。それでは、肥満になってしまいます。
だからこそ、サプリメントや飲む美容液などでコラーゲンを摂取する必要があるのです。

飲むだけで簡単に1日に必要なコラーゲンを摂取できる
飲む美容液(ドリンク)ランキング!

あああああああああああああ

1位
富士フイルムのアスタリフト コラーゲンドリンク »

低分子コラーゲン10,000mgを詰め込んだ富士フイルムのコラーゲンドリンク
実は、写真フィルムの原料の50%はコラーゲンなのです。つまり、富士フイルムは70年以上コラーゲンについて研究していることになります。
通常のコラーゲンに比べ400分の1の低分子コラーゲンを採用したから吸収力が違う。味も美味しいと評判。

明治製菓 アミノコラーゲンEX

2位
明治製菓のアミノコラーゲンEX

信頼と実績の明治製菓の美容エキス
飲み切りやすい50mlの中に7種類の美容成分を配合。しかも、わずか32カロリー。
フィッシュコラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、アミノ酸、グルコサミン、ビタミンC・B2・B6とこれ以上いらないほどの美容成分を配合。
吸収量が高いフィッシュコラーゲンを採用。

BBコラEX

3位
コラーゲンドリンク BBコラEX

高濃度低分子コラーゲンでマイナス20歳肌に
厳選された安心の国産豚コラーゲンを16,000mgも配合。価格もお手ごろ。
ヒアルロン酸、N-アセチルグルコサミン。L-シトルリン、ビタミンC、大豆発酵抽出物、ヘスペリジンなどの若返り美容成分も配合。

コラーゲンとは?

皮膚は大きく分けると、「表皮」「真皮」「皮下組織」に分類され、皮膚の本体は「真皮」で、その主成分がコラーゲンです。コラーゲンは歳とともに新陳代謝が衰え、減っていき、お肌の老化が始まります。コラーゲンは、みずみずしくハリのあるお肌を保つのに欠かせない成分です。

コラーゲンとゼラチンの関係

動物の体を形づくる繊維状のタンパク質「 コラーゲン 」は、そのままでは水に溶けませんが、長時間、水と加熱すると、ある温度で水に溶けるようになります。これが「 ゼラチン 」です。「 ゼラチンを摂る = コラーゲンを摂取すること 」 になります。ゼラチンは美容にもとってもいいんですよ。

また寒天はノーカロリーですが栄養もありません。それに比べてゼラチンは、たんぱく質そのものなので、美容を兼ねた健康食としても期待されています。
カロリーといっても、100g=約338カロリーという低カロリーなので、ダイエット中の方にも大変おススメです!

コラーゲンと老化の関係

人の体内では、常にコラーゲンの分解と合成が繰り返されています。年をとると、このバランスがくずれ老化現象が始まります。
コラーゲンが柔軟性を失ったために、しみやしわが発生したり、関節や骨が痛むのです。そこで、老化に対抗するためには、コラーゲンを補給し、新陳代謝を促す必要があります。

コラーゲン入り化粧品から食品まで

コラーゲンを補給するのに、たくさんの化粧品や食品があります。コラーゲン入りジェルや美容液、せっけんや入浴剤にもコラーゲン入りのものが登場しています。
また、サプリメントはもちろん、ジュースや料理に混ぜて使える粉末状のコラーゲンやコラーゲンゼリーなどもあります。
スポンサードリンク
ページトップへ