スポンサードリンク

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとはニンジンのβカロチンやトマトのリコペンに代表されるカロテノイドの一種で、天然の赤い色素のことです。
アスタキサンチンは体内で非常に高い抗酸化作用を発揮し、増えすぎた活性酸素を速やかに効率よく消去する力に優れています。
また、日常的に摂取することで、筋肉に蓄積され、筋細胞で発生する活性酸素を効率的に消去します。
そのため、ハードな運動による身体へのダメージ防止に効果的です。

アスタキサンチンが摂取できるサプリメント

えがおのアスタキサンチン

えがおのアスタキサンチン

ビタミンEの1000倍のマリンビタミンパワー
1日1粒の簡単補給で体のサビをストップする。
1日分の目安となる6gを鮭から摂取する為には、一日に何切れも切り身を食べなければならないが、サプリメントなら1粒で1日分の6gを補給することが可能。
コラーゲン、ビタミンA・C・E、ポリフェノール、ヒアルロン酸、セラミド、還元型コエンザイムQ10も同時に補給。

富士フイルム オキシバリア

富士フイルム オキシバリア

ナノサイズの天然成分で吸収率が2倍に
独自のナノテクノロジーで天然成分アスタキサンチンを配合。
コエンザイムQ10の約1000倍の健康パワーを持つアスタキサンチン。
水溶性ナノパウダーすることで吸収率が約2倍に。

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンは抗酸化能力が低下していたり、特に激しい運動を行っている人ど、効果が期待できることが分かっています。
ある大学の研究によると、レースに向けた追い込みの時期を想定し、激しい運動を課した後の筋線維の損傷度を調べたところ、アスタキサンチンを摂取したグループの方が明らかに損傷が少ないことが分かったそうです。

アスタキサンチンは抗酸化力が抜群に高い!

人が呼吸をして取り込んだ酸素の一部は、体内でエネルギーを生み出す家庭で活性酸素に代わります。
活性酸素はほとんどが善玉となり体外から入ってくるウィルスや菌を撃退しますが、その量が増えすぎると行き場のなくなった活性酸素が攻撃目標を細胞へと向かわせます。
この攻撃によるダメージが「体が酸化する」という状態です。「体が酸化する」とは「体がサビる」と言い換えてもいいでしょう。サビは疲れとなり、体に蓄積していきます。
このような体の酸化を止めるための「抗酸化力」は30代を超えると著しく低下します。だからこそ、アスタキサンチンの摂取が必要となるのです。なぜなら、以下のように、アスタキサンチンは他の栄養素に比べて抗酸化力が抜群に高いからです。

・αリポ酸の75倍
・緑茶カテキンの550倍
・コエンザイムQ10の800倍
・ビタミンCの6000倍

サケの遡上持久力もアスタキサンチン

サケは産卵の時期になると力強く川を上っていきますが、そのエネルギーの源が実は身に蓄えられている赤い色のアスタキサンチンと言われています。
もともと、白身魚のサケは「果てしない過酷な長旅のため」や「有害な紫外線から身を守るため」にアスタキサンチンを筋肉に蓄え、ダメージに負けない赤身の鎧の身体を作り上げているのです。

アスタキサンチンはこんな人にオススメ

(1)30代以上で普段からハードな運動をこなしている競技志向の強い人。
(2)月間走行距離が300キロ以上のランナー
(3)週3回以上トレーニングをしている人
(4)体脂肪を落としたい人

アスタキサンチンはマリンビタミン

アスタキサンチンは海洋生物に含まれる天然の赤い色素で「マリンビタミン」とも呼ばれるカロテノイドの一種です。
赤い色の食べ物は、昔から「色の濃い食べ物を摂りましょう」と言われてきてように、若々しさや健康維持のために大切だと考えられています。

日常的に摂取することが大切

アスタキサンチンは運動で疲れた後に摂っても効果はありません。日常的に摂取して、筋肉や血液に常に存在している状態にすることがオススメです。
スポンサードリンク
ページトップへ