スポンサードリンク

アロマセラピーで疲れた体と心をリフレッシュ!

植物を原料とする精油(エッセンシャルオイル)の香りを体感するアロマセラピーは、疲れた体と心をリフレッシュさせると共に、本来人間の体に備わる自然治癒力を高める効果があると言われています。暮らしの中にアロマの「香り」を取り入れ、ストレス発散しましょう!

アロマセラピーとは

アロマセラピーとは、アロマ(芳香)[Aroma]とセラピー(療法)[Therapy]の複合語で、香りの効能によって、心と体に良い効果をもたらすことを言います。ちなみに、[Therapy]をフランス語読みで「テラピー」と読むと、「アロマテラピー」と言います。
主に、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使う健康法のことをアロマセラピーと言います。広い意味では、花やハーブティーなどの芳香をかいで心身をリフレッシュするもアロマセラピーと言います。

アロマセラピーの効果効能とは

香りには人間に本来備わっている自然治癒力を高める効果があると言われています。
原料ごとに香りには独自の効果効能がありますが、例えばローズマリーが集中力を高めたり、ラベンダーが安眠を誘ったりなどの効果があります。ただし、香りに対する反応は人それぞれです。自分自身にとって心地よい香りを選ぶようにしましょう。

アロマセラピーの楽しみ方とは

お風呂に精油(エッセンシャルオイル)を入れて香りを楽しむ沐浴はアロマセラピーの気軽な楽しみ方の一つです。保温効果と共にリラクゼーション効果も期待できます。精油(エッセンシャルオイル)は水と混じりにくいので、丁寧にかき混ぜるのがポイントになります。

また、アロマセラピーと言えば最もポピュラーなのが、キャンドルや電気式の芳香浴ではないでしょうか。アロマキャンドルは現在では様々な香りのものが販売されています。まずは、アロマキャンドルで自分に合う香りを見つけてみるのも良いでしょう。
スポンサードリンク
ページトップへ